足場(仮設材)をリース・レンタルするメリットは

2021/04/28 コラム

今回は足場をリース・レンタルするメリットをご紹介していきます。

▼リースとレンタルの違い
リースとレンタルを同じ意味で捉えている人も多いようです。
しかし両者には明確な違いがありますよ。

■契約期間
リースは半年~10年ほどの中長期で借りますが、レンタルは1日~で借りられる場合も多いでしょう。
ちなみにリースの場合は契約期間が終了しても延長可能です。

■中途解約
リースとレンタルは、中途解約の可否についても異なります。
リースは原則的に不可、レンタルは中途解約が可能です。

■保守・修繕
借りた物の保守・修繕は、リースの場合は借りた人が行います。
レンタルの場合はレンタル会社が行なってくれます。

■料金
一般的にはリースのほうが安く借りられるでしょう。

▼足場をリース・レンタルするメリット
足場を自社で保有しようとすると、保管場所が必要です。
足場に使われる仮設資材は大型なものが多いので、それなりの広さが必要です。
またリースやレンタルを利用すれば、保管場所を管理したりメンテナンスをしたりするための人件費も節約できるでしょう。
足場のリースやレンタルは購入費用が節約できるのもメリットですね。

▼まとめ
ちなみに国内で使われる建築用資材の90%以上がリースやレンタルです。
防府市にある株式会社廣政では住宅やビルのリフォーム工事やプラント工事など、幅広く業務を行なっております。
仮設材の販売や買い取り、リースも行なっておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。