販売している足場(仮設材)を購入するメリット

2021/05/09 コラム

足場をレンタルで利用している会社も多いですが、足場を購入する方法も、もちろんあります。
そこで今回は足場を購入するメリットについて見ていきたいと思います。

▼足場を購入するメリット
リースやレンタルを利用する場合、足場の傷の状態などは現物が届いてみなければ分かりません。
その点、自分で所有していれば事前に足場の状態をチェックしておけます。
また長期の使用であれば購入してしまったほうが費用が抑えらえることも多いです。
保管する場所は必要ですが、保管場所さえあれば購入するのもおすすめです。

▼中古足場を購入するのは?
中古足場を購入するのも良いでしょう。
ただし以下のようなメリットやデメリットがあるので事前に確認しておきましょう。

■中古足場のメリット
中古足場は定価の20~30%ほどは安く買えます。
設立して間もない会社にとって、導入費用が抑えられるのは中古足場の1番のメリットでしょう。

■中古足場のデメリット
中古は新品と比べると耐久性が低い傾向にあります。
もちろん新品に近い中古もあるので一概には言えません。
また取扱い点数が少ない販売業者だったりすると、必要な時に足場が手に入らない可能性があるので注意も必要です

▼まとめ
足場の購入にはメリットもデメリットもあるので、しっかり検討しましょう。
防府市にある株式会社廣政では建築資材の販売や買取りを行なっております。
リースのご相談も受け付けておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。