建設業の仕事内容は?

2021/06/08 コラム

建設業にはさまざまな仕事があります。
今回は建設業の仕事内容をご紹介していきますので、ぜひ仕事選びの際などの参考にしてみてください。

▼建設業の仕事には種類がある
一口に「建設業」と言っても、さまざまな仕事があります。

■建築設計
建築図面を書いたり完成予想図を描いたり、建物自体を設計する仕事です。
建築設計の仕事をするには、まずは建築士の資格を取得を目指すのが良いでしょう。

■施工管理
現場での施工管理を行なう仕事です。
資材を手配したり作業工程を作ったり。
現場のリーダー的な存在です。

■とび職
建設現場で足場を組む仕事です。
高所での作業も多いので、「現場の華」と言われることもあります。
建物が建った後の足場の撤去も行ないます。

■電気工事
電気工事も建設業では欠かせませんね。
図面をもとに配線を行ないます。
電気が必要な場所なら、どこでも活躍できる仕事です。

■造園工事
庭や公園などを作るのも建設業の仕事です。
樹木の管理をはじめ、飛び石やレンガの設置なども行ないます。

▼まとめ
建設業では、世の中の人々の生活の基盤を作ります。
一般住宅や店舗を建てるのはもちろんですが、大規模なダム建設工事などに携われるのは建設業の醍醐味と言えるでしょう。
山口県防府市にある株式会社廣政では建設作業員や営業職、管理職の正社員を募集しております。
建設業に興味があるかたは、当ホームページの応募フォームからぜひご応募ください。