施工管理の仕事内容とは?

2021/08/22 コラム

今回は施工管理の仕事の内容についてご紹介していきます。

▼施工管理とは?
施工管理とは、工事全体の管理を行なうことです。
土木工事や電気工事など、建設工事の現場では欠かせない仕事です。
施工管理では施工計画を立てたり安全管理を行なったり、工事がスムーズに進むように業務を行ないます。
施工管理では次の4つの管理方法が代表的です。

・工程管理…作業スケジュールを管理します。
・品質管理…求められている品質基準に達しているかを管理します。
・原価管理…予算内で工事が行われるよう管理します。
・安全管理…作業員に事故がないように管理します。

▼施工管理の魅力は?
施工管理の仕事の魅力は、以下のようにさまざまあります。

■需要が多い
基本的に、建物がある限り仕事がなくなることがありません。
「手に職を付けたい」というかたにも良い目標になります。

■スキルが必要な分、給与が高い
施工管理の仕事はスキルが必要で責任も重いことから、その分給与が高い傾向にあります。

■仕事を形に残せる
建物は目に見える形で残るので、仕事への自信や誇りに繋がるでしょう。

▼まとめ
施工管理はリーダーシップやコミュニケーション能力も必要で、やりがいがある仕事です。
施工管理は資格がなくても目指せるので、興味のあるかたはぜひ挑戦してみましょう。

防府市にある株式会社廣政では、各種建設工事を行なっております。
「施工管理のスキルが高い業者を探している」というかたは、ぜひお気軽にご相談ください。